CONTENTS

Home伊勢建築事務所のおすすめコンテンツ

> 住宅を建てようと検討中なら!その1 ~住宅にとって大切な窓~

注文住宅のメリットは、何といっても理想のマイホームをオーダーメイドで依頼できる所にあります。

お客様のご希望に沿った住宅をご提案できますよう、デザインから施工まで一つ一つ丁寧に行っております。ご予算に合わせたプランで理想の住まいの実現をお考えでしたら一度お問い合わせください。

ここでは窓を取り付ける位置の大切さについてご紹介いたします。お家を建てる際は、窓の位置や大きさにもこだわってみてはいかがでしょうか?

明るさだけではなく風通しにも影響する窓の位置

住宅を建てる時に大切なことには、どのようなものがあるでしょうか。

間取りを決める際に重要視したいことの一つが「窓の位置」です。窓はお部屋の開口部であり、外からの明かりを取り入れ、風通しにも大きく影響する要素です。

敷地や近隣住居の環境にもよりますが、窓は住まい全体で見た時に南北や東西に風が通るよう、一部屋に二つ配置するのが適切だという考え方が一般的です。また、日当たりや強い西日などを考慮して、南北であれば北の窓を小さめ、東西であれば西の窓を小さめにするのも良い対策だと言えます。

窓の具体的な大きさや位置については、住まいの立地や季節ごとの風向きによって異なるため、設計士などの専門家に土地を見てもらって判断することが大切です。

様々な窓の種類と特徴

窓とひとまとめに言っても、様々な種類が存在しますがここではよく使用される窓の一例をご紹介します。

引き違い窓

引き違い窓は最も一般的な窓です。左右どちらにも開けられ、開ける幅も簡単に調節することができます。大きさによっては掃き出し窓として使えるほか、横長や縦長にすれば明かり取りとして活用することも可能です。

縦すべり窓

縦すべり窓は、ドアのように開閉する窓で、風を取り入れやすい構造になっています。

横すべり窓

横すべり窓は、上端の横の部分を軸として開閉する窓で、雨が吹き込みにくいというメリットがあります。

~予算に合わせたプラン・見積りのご提案が可能~

京都特有の気候に合わせた住まいのご提案はもちろん、デザインから施工まで対応可能なため、よりイメージ通りの家づくりができると、多くのお客様にお喜びいただいております。また、住宅の購入は何度も起こることではなく、人生の中でも大きなイベントの一つです。

「家族との大切な時間を育む空間」「心地よい空間」「ライフスタイルの変化にも対応」「世代を超えて愛される住まい」など、お客様一人ひとりの想いに伊勢建築事務所は応えてまいります。

京都で建築工事のご相談は一級建築士事務所 伊勢建築事務所へ 

会社

伊勢建築事務所株式会社

住所

〒602-8393
京都市上京区御前通今出川上る

鳥居前町664-73

代表者

代表取締役 伊勢 晋祐

設立

2017年10月

TEL

075-200-3852

FAX

075-205-0853

Mail

URL

logo_1.png