しわす


こんにちは、伊勢です。

さて、今年も早12月となりました(´Д`)早いですね~

『師匠も走る』と書いて師走です。たしかに12月は色々とバタバタしています。

お仕事も年内までに・・・といういわゆるキリの良いところを理由に通常よりも立て込んだり、お歳暮やら年賀状やら正にやる事山盛りマウンテンです。

そんな中先日とても残念なニュース・・・

京都市最古級の町家が解体消失 室町起源、保全強化も奏功せず

👆クリックするとニュースが見られます

これを見たときに一番に思ったことは

無くなる前に見に行きたかった(´Д`)

なんですけど、記事の内容をよく見ると所有者、不動産業者、行政の三者のそれぞれの立ち位置があって、、、

所有者 『持ってるだけでお金がかかるからもう無理っす(´Д`)』

不動産業者 『土地バブルの京都市内でもっとマンションを建ててお金儲けしたい!』

行政 『できるだけ保存のサポートするよ。あ、けどお金は所有者でなんとかしてね。』

そりゃ潰れます

誰が悪いって話じゃないんでしょうけどね。けどお金の問題は大きいです。

不動産業者だってビジネスありきでしょうし、行政もあちらこちらに税金のバラマキみたいな事もできないですもんね。

実際京町家改修の需要は増えてきていますし、町家保存の気運は高まってきているのが現状です。私も町家に住んでみたいなーという思いはあります。

けど代々むちゃくちゃ大きな町家を継承している家庭に生まれた人はいつか保存か継承の選択をしなければなりません。保存といっても数十年、物件によっては100,200年前の住宅をお金を掛けながら修繕し、更に地価の上昇に伴い吊り上がっていく固定資産税も払わなくちゃいけないと考えたら手放すという判断をされても何も不思議ではありません。今回の方は今年の3月には既に不動産業者に売却されてます。

在りし日の姿

残念な姿(´Д`)

現在私も「京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」の手続きを進めている真っ最中ですが、伊勢建築事務所も微力ながら『街並み』という文化そのものが欧米に比べると著しく乏しい日本の中で歴史的建築物の保存の一助となれれば幸いです。

で次にちょっとだけ嬉しいご報告

​​​​

ちょっとした気持ちで応募してみるとなんと優秀賞を頂いちゃいました!!

結果が載っているタカノ㈱さんのHPはこちら

※掲載当初HP上では最優秀賞に記載されてましたが確認してみると優秀賞の誤記だそうです。。。涙

けどクオカード10,000円分もらったから許しちゃいます笑

で、最後に毎年恒例北野天満宮の紅葉ライトアップです。

せっかく京都に住んでるのでせめて年に一回は紅葉散策するようにしています。

京都市内もまだまだ見れるところがあるので皆様も是非!

今日の一曲♬

Yuji Ohno - Lupin III: Original Soundtrack

ルパン三世は物語ももちろんですが大野雄二氏が手掛けた音楽も最高です。

特に第二期。レコードでサントラは持っているのですが、主に作業用BGMとして聴いているのでYoutubeで聴けるのはかなりありがたいです。

オススメは3:23からの2曲目Silhouette。

ではまた次回

伊勢 晋祐

#町家改修 #店舗改修 #保存活用計画 #京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例

0回の閲覧
logo_1.png