ギリギリ9月


こんばんは。伊勢です。

突然ですが現在2019年9月30日の夜10時でして、、もう少しすると明日になります。

明日になると10月1日なので消費税がいよいよ10%に変わりますね~という話です

話の切り出し方が時事ネタ過ぎてすみません笑

増税もそうですけどもう10月かぁ、、、という感じですね。なんだか本当に一年あっという間です。世間はハロウィンとかなんとか言っててそれが終わるともうクリスマスですもんね。個人的には年末のあの雰囲気は好きなのでウェルカムなんですが。

さてさて、もはやひと月に一回も怪しくなってきた私のブログですがこうしてなんとか生きてます報告をしなくてはと思い、夜中にこそこそとキーボードを叩いているところです笑

増税ネタと言えば先日町家の現場からこんな新聞が見つかりました。

『おむつから老眼鏡まで何を買っても税金だって?』うまい事書いてますね。

1978年9月17日の赤旗新聞の記事です。

今思えばこんな事言ってる時もあったんですね~。

あ、そういえば現場近くの駐車場も最大料金が1,800円から2,000円にアップしてました。そういう事か。けどちょっと2%の計算間違ってる気もするんですけど。。。

さて、その新聞が見つかった町家、旧唐瀧家住宅改修工事ですが

増築部の基礎工事の様子です。3条適用の増築は10㎡以下なので今回は9.9㎡の増築。攻めました笑

木造躯体が組まれていきます。

離れの2階は従業員控室となるので畳敷きからフローリングへ。

新たに間仕切り、洗面室と浴室(写真左側)が設けられました。

母屋の2階も2部屋がフローリング貼りとなるので床の不陸を調整しながら下地組。

町家は壁量がとても少ないので構造計算(限界耐力計算)を行い新たに耐力壁となる部分には特別なパネル材を使用します。写真の格子はそのパネルの下地組です。

これがそのパネルを貼った様子です。あらかじめ木小舞が入っています。ちなみに価格も特別です。。。

古い瓦と土を撤去して、新しい瓦は桟葺きといって土を使わない葺き替えとなります。現在は耐震性能の事も考えて瓦を葺く場合はこの工法が主流です。

離れの屋根瓦もすっかり綺麗になりました。

母屋の2階の窓もアルミサッシから木製建具に変わります。

旧唐瀧家住宅はお仕事が盛りだくさんなのでもう少しかかりそうですが完成がとても楽しみです!

他にも9月は四条界隈のマンションでリフォーム工事のご依頼を頂きました。

大きな開口部に単板ガラスだったので夏は暑く冬は寒いという状態でしたが、内窓をつける事によってかなり解消される事と思います。省エネリフォームで京都市の補助金も出るんですよ!(※9月30日現在)

来月はまた造作収納工事でお世話になります。

更にこちらが今日から着工した祇園町でのテナント工事です!

こちらはお客様が設計業もされているので今回はほとんど工務店としてのお手伝いです。

八坂神社の近くなのでまた具体的にお店の内容が決まりましたらここでもご案内させていただきます!

今日の一曲♬

DeBarge - I Like It

​​先日ラジオでMCの方が『秋になったらDeBarge聴きたくなるんですよねー』と言ってたので久々に、、、と思って聴き始めたらすっかりマイブームになりました笑

今年の秋はDeBargeです!

ではまた次回

伊勢 晋祐


60回の閲覧
logo_1.png